お金

固定費はどのくらい下げれるの?出費を削減して家計を節約する方法!

節約のためになんとかやりくりしていても、
つい見逃しがちになるのが「固定費」なんですよね~

普段はあまり気にしないけれど、通帳を見たときに
「生活しているだけでこんなにお金がかかるんだ」と
びっくりしたことはありませんか?

固定費が今より安くなれば、もっと楽に節約できるはず!

 

でもどうすれば固定費って下げれるの~?と、悩んだ
私は固定費についていろいろ調べてみることにしました。

そこで今回は、
◆家庭の固定費で下げられるもの
◆固定費の削減方法

について調べてみたので
紹介したいと思います!

家計の固定費が下げれるものはどれ?

 

まずは家庭の固定費で下げられるものに
何があるのか1つずつ順番にみていきましょう!

~固定費と設定するもの~

◆住居費
◆保険料
◆教育費
◆おこづかい
◆食費
◆光熱費

それではそれぞれポイントを見ていきましょう!

住居費

住居費は主に家賃や住宅ローンのことになります。

持ち家の場合、住居費を節約するには住宅ローンの
借り入れ先を変更するという方法がおすすめ!

今の金利よりも安い銀行があれば、毎月の
返済額が減らせるかもしれませんよ~

また、家賃であれば最近ではクレジット
カード払いができるところもあります。

クレジットカードはポイントがもらえますので
毎月、数百円ほどお得になりますよ!

保険料

保険料は、自動車保険、生命保険などがあります。

こちらを節約する方法は月払いから
年払いに変更するのがおすすめです。

年払いにすると、年間数千円の節約になる
こともあるんだとか!

年払いは支払うときが高額なので不安に
なりますが長い目で見るとオトクですよ~

教育費

教育費については「子どものためのお金だから」と
なかなか削減しにくいご家庭もあるかもしれません。

たしかに学校で使うものは確かに削りにくいものです。

ただ、子どもの習い事については見直して
みてもいいのではないでしょうか?

例えば、習い事を複数している人は1つにしぼったり、
子どもの成長に合わせて変えたりすることで節約に
つながりますよ~

子どもが本当にやりたいものなのかを改めて考える
きっかけにもなるので、一度話し合ってみましょう!

小学生向けの安い習い事の費用はいくら?おすすめをランキング!最近、小学生の習い事がドンドン種類が 増えてきていますよね。 習い事の数も1人あたり平均2個はしていると いうデータもあるんで...

おこづかい

毎月、おこづかいでお金が出ていくのでしたら
おこづかいも固定費と見ていいでしょう。

月に2,000円減らすと、年間2万4,000円の節約になります。

ただ、減らしすぎると仕事の付き合いが悪くなったり
夫婦仲がギクシャクしたりすることもありえます。

おこづかいを減らすのはまずは旦那さんに相談して
みて無理のない範囲で取り組んでみましょう。

通信費

通信費を節約するのはいろんな方法があるので
いくつかご紹介したいと思います。

~通信費の節約方法~

◆使っているスマホの会社とネットを統一する

◆地域密着型のケーブルネットに変える

◆携帯のプランを変える

どの方法がいいのかは、まず自分の携帯代や
ネット代を知るところからはじめてみましょう。

携帯のプランに関しては知らない間にドンドン新しい
プランが出てくるので定期的に検索してみるといいですよ~

 

ちなみに私は地域密着型のケーブルネットに
変更して月2,000円の節約ができました!

自分の住んでいる地域や使っている携帯会社などを
調べてみて、家庭に合った通信費を選んでくださいね~

食費

食費を節約するには、家族のライフスタイルや
自分自身の性格によっていろんな方法があります。

私もいろいろ試行錯誤しましたが、効果があったと
実感できたのは「無買デー」を作ること!

無買デーとは文字通り、なにも買わない日を
週に1~3日設けることです。

買わない日を作れば、その日は出費がゼロですし、
「あるものでなんとかしよう」と思えるので食材の
使い忘れを防げるのが大きな魅力です。

1日買わなくても意外となんとかなる
のでぜひ試してみてくださいね!

光熱費

光熱費を節約するためには、契約している会社を
変えてみるという方法があります。

最近では電気、ガス会社を自由に選べたり、電気を
売買したりすることができるようになりました。

新しい電気・ガス会社を調べてみて、現在の契約と
比較してみると節約できるかもしれませんよ~

家計で削減できるおすすめの固定費

次に、今注目されている大幅に削減できるおすすめの
固定費の下げる方法について2つ紹介します。

~固定費を削減できる方法~

◆スマホを格安SIMに変える

◆クレジットカード払いにする

スマホを格安SIMに変える

1つ目はスマホを格安SIMに変更する方法です。

こちらは、大手キャリアの携帯会社に
契約している人におすすめです。

大手キャリアでは、
通信費が1人5,000円以上はするのが一般的ですが、
格安SIMなら半額以下ですむんです!

また、機種変更するときに、現在の電話番号を
そのまま移行できる格安SIMもあるんですよ!

主な格安SIMを扱っている会社は以下の通りです。

~格安SIMを扱っている会社~

楽天モバイル
【UQモバイル】
LINEモバイル
◆Y!mobile

どれも大手キャリアに比べて格段に安いのが特徴です。

ただし、通信速度が遅かったり、メールが使えなかったり
するというデメリットはあるので注意してくださいね。

クレジットカード払いにする

2つ目は固定費をクレジットカード払いに変更する方法です。

最近では、光熱費や通信費はもちろん保険料や家賃なども
クレジットカード払いができるものが増えてきました。

クレジットカード払いにすると、ポイントがつくため
その分オトクになるというわけですね!

特に固定費は合わせると数万円はかかります。

クレジットカードは基本的に100~200円で
1ポイントが付加されることが多いため、
1万円だと50~100ポイントがもらえます。

ポイントを貯めて、ショッピングや外食などに
活用するのもアリですよ~

まとめ

固定費は1度手続きをすれば、それがずっと続いて
苦労することなく節約ができるのが大きなメリット
だと思いました。

見直すときの手続きは少し大変ですが、後々の
ことを考えると「やってよかった!」と思える
はずなのでぜひトライしてみたいですね。

またお金を削減するだけでなく、ポイントを貯めるのも
節約する上で大切なテクニックだと思いました。

あなたの生活でも見直せる固定費がありそう
でしたらぜひ参考にしてみてくださいね~